ダイエットに楽な道など存在しない!痩せたいなら険しい山に登れ!!

ダイエット下準備
スポンサーリンク

こんにちは。うなはら3(@diet-unahara3)です。

このブログを読んで下さってる方の中には、この様な会話を聞いたことがある or 実際にしたことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか?

 

20代男性

最近、運動不足で・・・・動くと体が重く感じるんだよな~

20代女性

 

夏までにお腹の脂肪を減らして、可愛い水着を着たいのに~(泣)

 

更に年齢層が高くなると、人には言えずに内心このように思う事もあるのではないでしょうか?

 

50代男性

会社の健康診断でも、「体重管理して、血圧下げましょう」って言われたけど、どうすればいいんだろう。

50代女性

去年履けたズボンが・・・まだ1回しか履いていないのに(泣)

 

ここでは、思いついた例を4つ程挙げさせていただきましたが、身体の悩みは十人十色で様々だと思います。

入口は違えど、「痩せたい」という目的地は一緒だと思います。

「ダイエット=登山」だと思います。

想像してみてください。
登山に出かけるのに、事前の準備と登山道の下調べ(ダイエット方法)は必要不可欠です。
自分自身の状態を考慮して、スタート地点(目標体重で、どれだけの負荷を与えるか)も決まると思います。
どの登山道を選んでも、道は険しいものです。(ダイエットも楽に痩せるはありえません!!)
険しい登山道を登って山頂に到達した際に、目の前に見える景色は素晴らしく綺麗で感動することでしょう。(同じ景色でも、ロープウェイで登って見た景色より、自分の力で登って見た景色の方が綺麗に見えると思います。)

ダイエットも、自分に負荷を与えて目標を達成した方が、自分自身にも自信が持てるし、成長もできると思います。

 

私が行っている低糖質ダイエットは、決して無理はしてはいけません。
自分のペースで、おこなっても成果は出ます!!
自分自身を信じてあげてください。

 

今回、ダイエットを始める前に行ってほしい事は、登山で例えると事前の準備部分・・・

「過去の自分を振り返る事」

今回のダイエットに挑戦する過程で、とても大事な事であり、必要不可欠な要素であると思います。

ダイエットでありがちだと思われることは、

「目先の目標にだけ囚われてしまい、過去を振り返らない」

結果が出なかった=自分には合わなかったから、他のものに挑戦しよう

同じ失敗を繰り返してしまわぬ様に、過去の自分を振り返る事が大事だと思います。
それと同時に、「この時ぐらいの体重に戻せればな」っと数字だけではない明確な目標も頭の中に想像する事が出来ると思います。
(細かく出なく、ざっくりで良いと思います。)

 

自分は以下の様に振り返って目標を決めました。

中学時代はソフトテニス部に所属しており、それなりに運動は出来る方でした。
顧問の先生の趣味がマラソンであった為、テニスコートが使用できない日(男女で共用だった為)には、校外マラソンは当たり前の様に行われていました。(1回10~15kmぐらい)
当時の体重は、55kg前後(身長160cm)でそこまで太っているという自覚はありませんでした。
家でも給食でも、ご飯は山盛りでおかわりが当たり前の食生活。
揚げ物だろうが、ファストフードだろうが、しっかりとエネルギーとして消費されているイメージです。(これが若さってやつか・・・)

 

中学卒業後、高校では体育の教師に誘われて、元々興味のあったアメリカンフットボール部に所属しました。
1年の冬、試合中に肋骨と左足の骨を折ってしまい部活を辞める事を決意。

自分にとってのターニングポイントは、ここだったと思います。

部活を辞めてからは、日頃の運動を行わなくなりました。
それだけなら良かったかもしれないのですが、食生活はなかなか帰る事は出来ませんでした。
当時の自分は、「若いから消化されるだろう」っと思っていました。

しかし、現実は甘くなかった。

多少の筋肉はあったものの、高校卒業時の体重は約80kgと高校生活3年間で約25kgも増えてしまったのです。

 

大学生活では、アルバイト(ホームセンターなど)と卒業研究に明け暮れる毎日でした。
(理系なので、研究室で実験の繰り返しでした)
大学卒業時の体重は約75kgだったと思います。

 

建設業界に就職した自分は、現場管理として朝から晩まで働いていました。
仕事から帰ってきても、お風呂に入って、軽く食べて寝るだけの生活。
休日も疲れを取る為に、極力体力を使わない生活を行っていました。
(休みは水曜日のみでしたので)
入社して働き始めてからの体重は65kgにまで落ちていました。
仕事で1日中、現場内を動き回っていたからだと思います。

入社してから2年が経った時。
仕事はあまりにも忙しく、プライベートな時間が無かった為、移動願いか転職を決断しました。
このままでは、身体が持たないと思ったからです。
会社と話し合った結果、内勤職として会社に残る事に決まりました。
(ブログも仕事中に執筆してるよ♪)

 

内勤になってから約3年が経過。
食欲は現場で働いていたお陰で、細くなったと思います。
しかし、仕事は基本的にパソコンに向かっての作業。
日中はほとんど動く事はありません。
日頃の運動もろくにせず、通勤で会社を往復する程度の毎日でした。

そんなある日、体調が良くない為、地元にある内科で診療を受けました。

体重78kg←グサッ!
高血圧(上180、下110)←グサッ!!
多血症で血液がドロドロ←グサッ!!!
血管年齢が・・・・82歳(当時の実年齢28歳)←グサッグサッ!!!!

医師「血管が随分硬いね~。このままだと、動脈硬化の危険性が高いよ」
自分「どっ、どうしたらいいですか?」
医師「血圧も高いからね~。まずは自己管理を行うために血圧計で日頃から管理することが大切だよ。それと適度な運動と水分補給。なるべくカフェインの入っていない麦茶とかがオススメだよ。」

この時の衝撃は、今でも覚えています。
病院の帰りに、近くのホームセンターで初めて血圧計を購入して帰りました。

 

これが昨年、私が初めてダイエットをしようと決意した瞬間でした。
2018年4月~12月までの約9か月間。
初めてのダイエットは、何も考えずに「食生活を変えて、運動をする」って事だけでした。

その9か月間のダイエットの方法と結果に関しては、次回の記事でまとめていきたいと思います。

 

先程振り返った内容は、あくまでも今回のダイエットの山頂を決める為の振り返りとなります。
そこで定めた今回のダイエットの目標体重は・・・

中学時代の55kg+筋肉=60kg

振り返れば振り返るほど、悲惨だった自分の状況が見えてくると同時に、「この時に戻りたい」と目標も見えてきます。

自分の定めた山頂に向かって、一歩一歩の歩幅は人それぞれですが、皆さんで登頂して最後に笑えればと思っています。

最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m
ブログランキングなどを応援して頂けると、今後の励みになります

ダイエット下準備
スポンサーリンク
シェアする
うなはら3をフォローする
うなはら3のダイエット修行寺

コメント